競艇初心者が知っておきたい舟券に関する5項目!種類やコツなど

競艇 初心者 舟券 未分類

競艇を今まで全くした事がないという人がまず最初に躓くポイントは『舟券』についてだと思います。100円から購入できる舟券ですが、競艇を全く知らない人は、種類や買い方なんかはさっぱり分からないでしょう。コチラの記事では…

■舟券の種類と的中率
■舟券の買い方
■舟券が買える場所
■舟券の配当について
■初心者にオススメの買い方やコツ

競艇初心者の方が知らないであろう舟券の基本的な知識から、当てる為のコツやポイントまで、上記5項目を中心に、競艇の舟券について詳しくご紹介していきたいと思います。競艇を今から始めようかと思っている人、前にやっていたけどブランクがある人など、競艇好きの人は必見の記事構成になっていますので是非お見逃しないようお願いいたします。

舟券は全部で7種類!それぞれの的中確率も紹介!

舟券は全部で7種類
舟券には全部で「単勝、複勝、2連単、2連複、3連単、3連複、拡連複」7種類の購入方法があります。それぞれ当たりやすいものから当たりにくいまで様々で、的中確率が違いますからもちろんオッズも違います。的中確率の低いものを的中すると、その分配当は大きくなるという訳です。

■単勝(確率:1/6)

1着にくる艇だけを当てればいい単勝は当然1/6の確率であたります。競艇は6艇が必ず出ますので、当たる確率は高いです。しかしその分配当が低く、平均で150円位なので、100円賭けて当選しても50円しかプラスになりません。初心者の当てる喜びを感じたいという人以外にはあまりオススメできない購入方法です。

■複勝(確率:1/3)

1着か2着に入る艇を当てる複勝は単勝よりも当てやすいですが、その分配当は最も低く、一番当てやすく一番安い購入方法です。6艇の中から1着か2着に入る艇を当てるだけですから簡単に当てる事ができますが、大きく張らないと返しも少ないので、儲けたいと考えている人は適していない購入方法であると言えます。

■拡連複(確率:3/15)

1着から3着までの2艇を順位に関わらず当てる方法です。選んだ2艇が1着2着でも2着3着でもあたりなので、こちらも比較的当てやすい購入方法であると言えます。上の2つと比較すると当てにくいですが、インの艇を選べば大体当たるといわれています。

■2連複(確率:1/15)

1着2着に入る艇を順位を問わず当てるという購入方法です。2連単が人気の購入方法なのでコチラは配当も低いという理由で、あまり狙う人がいません。2着以内に入る上2つは固いものの、どちらが勝つか分からない場合に良いでしょう。

■2連単(確率:1/30)

1着2着を着順も当てる2連単は競艇の中でも人気の購入方法です。1着は1号艇だけど2着はどれがくるか分からない場合などに良いでしょう。2着で波乱が起きた時はそこそこの配当になるケースがありますが、その分当たる確率は低めです。

■3連複(確率:1/20)

3着以内に入る艇を当てるものですが着順は問いません。3連単が主流の競艇ではあまり利用されませんが、荒れる可能性のあるレースでは重宝される買い方です。着順までは読むことができないけども荒れる可能性はあるというレースで一口購入しておくのが良いかもしれません。

■3連単(確率:1/120)

3着以内に入る艇を全て着順も当てる購入方法。公営ギャンブルの中では最も当てるのが難しく、最も配当がつくもので、競馬などでお馴染みです。競艇は当たりやすいと言われていますがそれでも当てるのは至難の業です。当たる確率も低いですが配当も高いのが特徴です。

舟券の買い方(ながしやボックスって何?)

舟券の買い方

舟券を競艇場で購入する場合は、マークシートで記入する必要があります。マークシートは2種類あります。1種類目のマークシートは「2連単、2連複、3連単、3連複、拡連複」を購入するときに使います。2種類目のマークシートを使う時は『流し』『ボックス』で購入するときに便利なので、そちらで購入するときは2種類目のマークシートを利用するのが便利です。

■流し

流しとは、1~2艇を軸にして、複数の舟券を手広く買う方法です。軸として選んだ艇の含まれる全ての組み合わせを買うことができます。流し専用のマークシートを使用すれば、1種類ずつ組み合わせを記入することなくまとめて購入できるのが特徴です。

流しもボックスも同じマークシートを使用します。流しで舟券を購入する場合には、『ながし投票』と記載された枠内に式別に合わせてマークしましょう。

式別で3連単を選択し、1位を1号艇と決めた場合を例に説明します。まず、『ながし投票』枠内の1位の1をマークし、残りの2位3位の部分には『全通り』をマークします。最後に金額と単位をマークして終了です。

■ボックス

購入したいボートが決まっているけれど、順位が決められない場合には、ボックスで舟券を購入します。選んだボートのすべての組み合わせが自動的に購入できるので便利です。

1~3号艇を3連単で購入する場合を例に説明しましょう。式別は3連単、『ボックス投票』の枠内の艇番1~3をマークして、金額・単位を選びます。

舟券を買う場所はどこ?

舟券を買う場所はどこ?

さて舟券の種類や買い方を説明してきましたが、ここからは舟券を買う場所の紹介をしていきましょう。昨今ではネットで購入する人が増えてきていますが、もちろん現地で購入する人もいらっしゃいますし、舟券を買える場所は様々ありますので、幅広い人達が楽しめる環境が整っています。

■競艇場やチケット発売所

全国各地にある競艇場の現地ではもちろん舟券を購入できます。迫力満点のレースを間近で見ながら舟券を購入する事ができますので、テンションも上がり、見ているハラハラ感も桁違いの迫力を楽しむ事ができます。また、ボートレースチケットショップでも購入可能です。いわゆる、場外チケット発売場のことで、窓口でマークシートを使って舟券を購入できます。ここでは、モニターでボートレースを観戦できます。

■ネット

時間がなくて現地に行く事ができない人でもネットを使えば気軽に舟券を購入する事が可能です。ネットで舟券を買う時は、銀行口座とテレポートへの登録が必要になりますが、即購入できる環境にありますので、競艇好きの人はすぐに購入できるようになるでしょう。予想も購入も全てネット環境があればできますので、パソコンがなくても携帯電話があれば大丈夫です。購入できる舟券の種類は、通常・ボックス投票・流し投票のほか、フォーメーション投票や、オッズを確認しながら投票できるオッズ投票があります。

■電話

電話投票の会員登録と銀行の口座登録が事前に必要です、ネット環境がなくても電話で舟券を購入する事ができます。家庭や携帯電話などのプッシュホン操作で購入できる舟券の種類には、通常・流し・ボックスの3タイプあります。また各種照会も電話で行うことができます。ネット環境に疎くてどうしても購入できない、だけど現地に行く事もできないという方は電話で購入してみるのが良いでしょう。

競艇初心者にオススメの舟券の買い方やコツ紹介!高額配当が出るのはやっぱりアレ…!

最も当たりやすいのは単勝や複勝です。競艇初心者の人も最初は当てやすいこれらの購入方法が良いように思いますが、そうではありません。初心者の人でも最初から三連単で舟券を購入する事をオススメします。三連単の平均払戻し金額は約7000円と非常に高額ですので、いくらそれまでに負けていても1回の当たりで取り戻せる可能性があるからです。

プラス収支を狙いたいのであれば三連単を常に狙い続けるのが良いでしょう。過去には100円が70万円になるような大きな配当が出た事もありますし、20万円クラスの配当は日に何度も出ていますので、大勝を目指すのであれば三連単狙いがベストです。

■買い目点数を絞って1号艇が勝ちやすいレースを狙う

買い目点数を絞って1号艇が勝ちやすいレースを狙う

初心者の人にオススメの買い方や三連単で買い目点数を10通り以内に抑えるというもの。1日に何レースもする競艇なので、毎回何千円も賭けていたら大変な金額になってしまいますし、大量の点数を購入してしまうと、当たってもマイナス収支になってしまうトリガミの危険性も高まりますので、買い目はある程度絞ることをオススメします。

買い目点数を押さえるという意味で、購入はボックスではなくフォーメーションを利用するのがオススメです。三連単のボックスだと3艇で6通り、4艇選ぶと24通りになってしまい、買い目が多くなってしまいトリガミの危険性が増します。トリガミにならないようにするには購入点数を絞ることが大切なので、フォーメーションにした方が良いでしょう。

さらに購入するレースも選ぶのが良いでしょう。全て参加するのではなく、最も勝ちやすいとされている1号艇にA1クラスの良い選手が乗るレースが狙い目です。ほぼ高い確率で1号艇が1着であろうというレースに狙いを絞れば、三連単で1着は固定できるわけですから、後の2着3着を選ぶのも必然的に少ない点数で抑える事ができ、2着以降の荒れ展開にも対応する事が可能です。

まとめ

舟券は以前よりも買い求める事が簡単になってきました。ネットや電話などで現地にいなくてもすぐに購入できますし、パソコンや携帯があればいつでもどこでも競艇を見る事もできます。ギャンブルの醍醐味である、いつでもどこでも出来るという事を実践している競艇は常に我々の気持ちを刺激してくれるのです。競艇初心者の方にオススメなのは、当たりやすい単勝よりも、当たりにくいが配当が大きい三連単です。

競艇で勝ちたいのであれば間違いなく三連単です。競艇や当たりやすいギャンブルである反面、払戻しも競馬などと比較すると少ないですから、確実に当てられるレースを取りこぼすことなく当て続けて勝っていくのがうまい人のやり方です。舟券の買い方をきちんとマスターして、自分に合ったスタイルで競艇を楽しんでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました